2020年7月31日金曜日

何にも囚われず自由と不自由を噛みしめ、自分自身から解き放たれる旅 3 <アラスカ 後編>

地球の鼓動を感じる大自然の懐へ   2014年8月〜9月




雲海に浮かぶ 標高6190mのデナリ(旧名 マッキンリー山)

フェアバンクスからアンカレジに向かうプロペラ機の真横に、太陽を浴びて神々しく輝く姿をみせた。


何だろう、山に手を合わせたくなる気持ちを実感 !!!  





北米大陸最高峰には植村直己氏が眠る。



アンカレッジから、クルーズ船でグレイシャーベイへと向かう。





氷河を初めて間近で見た。
凍った川は、大地を削り取りながら膨大な時の記憶と共に海へ辿り着いた。  






幅3km 、高さ80m の氷河の河口






巨大なガラス彫刻のような姿で屹立する氷河。
静寂の中で突如、雷鳴のような爆音を響き渡らせて海へと崩れ落ちる。

 




地球は元気に生きている。



地球の表面積の7割を占める青い海。
その見渡す限りの海をただただ突き進む。




宇宙空間から見える青い地球がコレなのか⁈




太陽は雲を引き連れ水平線から昇り
また海へと帰って行く。
私達は、なぜか明日の日の出を疑わない。






この星の全ての生命を生み出した海。






様々な表情を見せてくれる海の上をバンクーバーへ向かって行く。



これからも、地球の鼓動を感じながら日々新たに生きていく。
自由に愚直に、流されることなく、ただただ自分なりに突き進む。
その先には何があるのだろう、楽しみにしておこう。