2020年6月29日月曜日

2020年6月14日日曜日

片雲

異なる文化の中で、イマの自分を見つめ直し過去の集積をリセットする為に
毎年夏に日本を離れ、放浪している。


今年は行けるのかな?と思いつつ、やはり旅に心を突き動かされる。


南極の手前で巨大な氷河に遭遇しながら



リオデジャネイロのファベラをバイクで走りながら




北極圏の氷河の上を歩きながら




マサイの村で日の出を見ながら




芭蕉のように「千切れた雲の端くれ」という自分を感じていたい。


呼継 片雲


I leave Japan every summer and wander in different cultures, in order to look back on myself now and reset the accumulation of the past.


Can I go this year? 

I am moved by journey.


While encountering a huge glacier in front of Antarctica,

While riding on a motorcycle at favela in Rio de Janeiro,

While walking on the glaciers of the Arctic,

Watching the sunrise in the village of Masai,

Like Basho Matsuo, I want to feel that I am the end of a broken cloud.



2020年5月18日月曜日

京都 法然院ガラス枯山水「つながる 」1年経ちました

法然院さんにガラスの枯山水を設置させていただいてからちょうど一年前。
大勢の方の心がつながってスタートしました。
リサイクルガラスのオブジェが苔に覆われる日を楽しみに。

It's been a year since glass Zen garden is installed at Honen-in temple, Kyoto.
This project has started with the hearts of many people.
I look forward to the day when the recycled glass objects are covered with moss.






2020年5月5日火曜日

好きな本 自分の歪んだ色メガネが形成された理由

Face Book でバトンリレーをしているブックカバーチャレンジ。
私が選んだ7冊はこれです。



1. 原色愛蔵版 日本の陶磁全14巻 
監修 川端康成、責任編集 林屋晴三

各作品に対する深い愛が伝わってきます。
問答無用、最も好きな作品集です。
茶碗は知識だけで楽しむモノじゃないですね。 



 
2. 知の逆転

知の巨人たちへのインタビュー
ロンドンで観たダヴィンチの解剖図展を思い出しました。
彼の目的は真理の追求で、絵は手段です。
科学も芸術も行き着く先は人間にとっての真理です。
私が薬科大学卒だからそう感じるのでしょうか?

スマホ上で全ての知識や情報が手に入る状況で、知とは何でしょう? 
科学的、社会的、芸術的にも生みだすコト。
やはり創造ですね。 





3. 農協 月へ行く  筒井康隆

筒井氏の作品は中学時代に大ファンになり、今でも50冊以上持っています。
発想力、人間観察、シニカルで独自の切り口、エンターテイメント性のバランス感覚も天才。
彼の脳ミソが欲しい。




4. シッダールタ   ヘッセ

釈尊を題材にして、東洋思想を異文化から解釈した小説。
読み手の心の奥で広がって、それぞれのストーリーを紡ぐというのはアート作品の理想形だなぁ。
「受け入れる」を強く感じさせる、ズッシリと響く哲学書です。
また、長谷川等伯の松林図屏風を思い起こしました。
多々の苦労の末に天下一の絵師になった等伯が、息子の死を悼みながら描いた「全ては一瞬の幻」。
同じように受け入れるという概念を観てしまいます。





5. 人間の建設  小林秀雄 岡 潔

最も多くの付箋をつけた一冊です。
数学を情緒と捉える岡氏と、その人の身になるのが批評の極意という小林氏が、科学、政治、文化等々を自分ゴトとして論じるその内容の鋭さ深さは感動を超えて美しい。

これこそ本物のアート思考ですよ!!





6. 禅と日本文化  鈴木大拙 

日本文化や芸術の概念を言語で、それも英語で異文化に伝えるという離れ技を成功させたD.T.鈴木氏。
以前ニューヨークの展覧会で、茶碗の「手乗り」を説明する際に、器を手に乗せる習慣のない彼らに対して、
表面の触感なのか、重さなのか、手で包む形なのか、、、ぐらいのことで、私は困ったのに。
素の貞太郎さんは、どんな人だったんだろう。
R.MUTT 1917 デュシャンの「泉」は、リアルタイムで観たのだろうか?





7. 五輪書  宮本武蔵

剣の天才が死の数日前まで熊本の霊巌堂に籠り自分の一生と向き合い、書き上げた。
戦いの為の生涯を終えるにあたり、後の世に伝えたかった真意は何だろう?
ジックリ著者と語りあえるから、長い旅行の際には難しそうな本を持って行くのですが、
何度も挑む私にとって、彼の心は難攻不落です。

道においては死を厭わず思ふ。(独行道)






2020年5月4日月曜日

【 祝!World Media Festivals 2020 金賞受賞!】ガラス枯山水「つながる」コンセプト映像

2019年5月 京都法然院参道に恒久設置させていただいたガラス枯山水「つながる」

この空間作りに込めた想いを描いたコンセプトムービーが、ドイツハンブルグで開催の「2020 The World Media Festivals」で金賞を受賞した。
https://youtu.be/_NREJPavags

この映像を作るにあたり、ディレクションをお願いしたのは
team TANIYON のディレクター 西岡眞博氏。

ガラス枯山水の作品コンセプトだけでなく、私の生き方まで深く本気で突っ込んできてくれた。
結果、目に見える作品の奥にあるストーリーを紡ぎ出す哲学的で心優しい映像に仕上げてくれた。
感謝‼︎

当時の西岡監督の苦悩が詰まったご本人のblogがコチラ。

------------------------

『考古学的な時間と宇宙規模の空間の中に、境界なく存在する自分自身を体感する』という枯山水や禅の概念が、見た目のアート空間の背景に在るのが伝わると嬉しいです。私にとってビジュアルアートって、目に見える奥にある『何の為にコレを作ったんや?』っていうストーリーが最も大事だと考えてます。

これは最初に受け取った西中さんからのメッセージ。作品の背景にあるストーリーは何なのか、それを探るために、大垣へ向かう車中でずっと西中さんの考えをお聞きした。

西中さんの話の中には、禅、宇宙、再生、循環、輪廻、という言葉が頻繁に出てくる。恐らく、この辺りにヒントがあるんだと思ったが、正直、最初は何を言ってるのかよくわからなかった。

日本耐酸壜工業の工場内は全体に薄暗く、巨大な機械が稼働するものすごい音で、耳元で大声を出さないと声は聞こえない。工場の中心部には25メートルプールほどの大きさの溶解炉があり、そこで廃棄ガラスをリサイクルしているそうだ。

溶解炉は(安全のためか)外から見えないところにあるのだが、そこかしこから高温に熱せられたガラスが発する強い光(1400度に熱せられたガラスは紫外線をだす)と湯気(煙?)が立ちのぼり、冬だというのに工場全体がなんとなく暖かい。

この日の目的は、西中さんの作品のために作った巨大な型にガラスを流し込む作業を撮影すること。
ざっと簡単に作業工程の説明を受け、撮影の準備をしていると、長さ約2メートルほどの直方体の箱が運ばれてきた。この中に型があり、その中に溶けたガラスを流し込むのだ。

箱と言っても、各辺を太い鉄のアングルで補強された、熱にも重量にも耐えられる強固な石棺のような箱。箱の蓋が開くと、すぐに作業は始まった。

1400度に熱せられドロドロに溶けたガラスはまるで溶岩のようで、強い光を発しながら型に流し込まれていく。溶けたガラスが細い線になってとゆを流れていく様子はとても美しく、吸い込まれるように見とれてしまう。

摂氏1400度という数字には全く現実味がなく、この溶けたガラスに触ったら熱いんだろうな、などと考えているうちに作業は終了し、すぐに蓋が閉められる。これからこの箱を熱してガラスを冷ますのだ。

熱して冷ますというのはおかしな表現だが、1400度もの高温のガラスは、常温で冷ますと割れてしまうらしい。だからすぐに蓋を閉め、高温に熱しながら温度を下げていくのだ。蓋を閉められた箱は、また数人の男たちによって運び出されていった。

薄暗い中を数人の男たちによって運び込まれ、溶岩のようなガラスを流し込まれて、また静かに運び出されていく石棺のような箱。一連の作業は現実のことだとは思えない、まるで儀式のようなものだった。地底世界で密かに執り行われる、再生の儀式。

日本耐酸壜工業を後に、ガラス瓶の再生工場へ移動。工場の入り口には大量の廃棄された瓶が色ごとに集められている。最初はこんなもの撮っても仕方ないと正直思ったが、仕方なく工場長の案内に従った。

工場内をベルトコンベアに乗って運ばれる廃棄瓶たち、まずはその砕かれた瓶から手で紙製のラベルを取る女性がいるコーナー、ここでまず少し驚いた。

こんな粉々の瓶のかけらからラベル紙を取り除くのか?と。どうせ高温で溶かすのだから紙なんか燃えてなくなるだろうと。でも、その紙のラベルを取る作業が、清拭に見えてきた。亡くなった人間の身体を綺麗に清める作業、清拭。

この辺りから自分の中で、何かが訴えてくるのを感じだす。宇宙、再生、循環、輪廻、そうか、この瓶たちはここで生まれ変わるのだ。

一度そういう具合に考え出すと、全てがそういう風に見えてくる。ラベルを取り除かれた瓶は、さらに細かく砕かれて硅砂に近づいていく。まさに再生。

一通り撮影して建屋の外に出ると、最初に見た大量の廃棄された瓶をシャベルローダーで掻き集める作業をしている。そのシャベルローダーの動きはとても高圧的で、化け物のようだ。人間の業がシャベルローダーに姿を変えた化け物。一方、掻き回される廃棄瓶の山は、なす術もなく翻弄されている。人間の業に弄ばれる大量の瓶、それは消費の象徴。

そんなことを感じながら瓶の山を見ていると、動きが波に見えてきた。そう、地球誕生以来絶え間なく寄せては返す海の波。まさに循環。

西中さんの言う禅の世界観、宇宙観というのは、まさにこのことなのではないか。絶え間なく循環し続ける波、雲、水、そして人の命。それらは全てが一瞬であり、なおかつ永遠。

その世界観を表現する方法として、ある人は宗教を用い、ある人は庭を作り、ある人は茶を点てる。そして西中さんはガラスを使う。

後日談。
ガラスを流し込む様子はスローモーションで撮影していたのだが、よく見ると溶けたガラスはまっすぐに流れず、螺旋状に流れているのだ。まるでDNA。とても驚き、因果を感じた後日談。

以上のような思考の過程で、僕の考えは一応の答えを出した。
法然院に設置された(一体になった)ガラスアート。絶え間なく繰り返し寄せる波のような廃棄瓶。その大量の瓶を弄ぶ業の化身のようなシャベルローダー。砕かれ、粉々になっていくに従って清められ、無垢なものに戻っていくガラス瓶。
溶岩のように溶けて発光するガラス。そして冷えて固まった巨大なガラスがアートへと姿を変えるさま。これらを説明的に長々と見せるのではなく、感覚的に繋いでいく。それはガラスの循環、ガラスの宇宙、西中さんの宇宙。

そこに、循環、再生の象徴であり、地球(宇宙)の営みとしての自然現象、寄せる波、流れる雲、湧き出す水、こぼれ落ちそうな星空、噴出す溶岩、二重螺旋、命、などを絡めていく。説明などしなくて良い、感じてもらえる映像作品を目指す。
それから、法然院をきちんと撮影したい。特に本堂、ご住職、お許しが出るなら御本尊も撮りたい、一つの宇宙観として。


----------------------





2020年4月8日水曜日

NHKワールド CORE KYOTO  収録 第3日

NHK ワールド
海外向けテレビ番組「Core Kyoto」

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/corekyoto/

収録 3日目。


NHK, Japan Broadcasting Corporation's overseas TV program "CORE KYOTO”.
The third day's recording.


自ら作った器を叩き壊すシーン。
『 自分を越えるために壊す 生まれ変わるために継ぐ 』
ガラス呼継(よびつぎ)の哲学となる大きな意味を持つ工程。

「壁」って自分が作ってるんだよね。
壁を壊して、自分も壊せ‼︎

ガラスの割れる音が鋭く心に刺さります。

A scene that smash vessels I made myself.

"I break my own vessels, in order to go beyond myself,
and join the parts together to be reborn.”

This is a process that has a significant meaning that is the philosophy of Glass YOBITSUGI.

"Wall" is made by ourselves.
Break the wall and break ourselves.

The breaking sound of the glass pierces the heart sharply.




そして、アメリカ留学時代に出会い、
30年間乗り続けている ’82 シボレー コルベット に
GoProを付けて、上下左右360°撮影しながらビーチを走る。。。。。

日系人であるラリー シノダ氏がデザインした「アメリカの魂」コルベットは、
留学中は、異文化の中で日本人としてのアイデンティティをきっちり見つめ直すための相棒であり、
今は、時間を超えて愛されるモノづくりのアイコンです。

With a GoPro attached to the '82 Chevrolet Corvette, which has been riding for 30 years since studying in the United States, runs on the beach while shooting 360 ° up, down, left and right. . . . .

"American soul" Corvette was designed by Japanese Larry Shinoda.
While studying in the States, this was a companion to reconsider my identity as a Japanese in a different culture and now is a manufacturing icon that is loved over time.


インタビューでは、日本美術の奥にあるストーリーや哲学について、海外に向けて熱く語りました。

また、これまでの自分とガラスの関わりや、京都の文化や歴史に対する思いも話しています。

どのような編集になるのか、楽しみです。

In the interview, I talked about the story and philosophy behind Japanese art to abroad.
In addition, spoke about the relationship between glass and myself,  and my thoughts on culture and history in Kyoto.
I am looking forward to how the program will be edited.

放送は5月7日、国外のみですが、
「Core Kyoto」のホームページから、
オンデマンドで、日本でもその後1年間いつでも視聴できます。

Broadcast for overseas is on May 7th. 
We can watch it on the website of 'Core Kyoto' on demand even in Japan at any time for one year thereafter.





2020年3月25日水曜日

NHKワールド CORE KYOTO  取材第1日  京都法然院

3月24日
京都法然院 参道はまだ肌寒い。
とはいえ、鹿に食べられて秋に植え替えた紅葉が、たくさんの元気な新芽を出してきた。

猪が、石を蹴散らし苔を剥がしてその下にいるミミズ食べる。
檀信徒さんは剥がされた苔を戻し、毎日落ち葉を掃除し、雑草を取ってくださる。

設置から10ヶ月、
アート空間「つながる」は、皆様のおかげでこの場に在る。

千何百年と続く京都の文化遺産は、このように人々の愛情が繋がって残されているのだと実感。

今日は、NHKワールド「Core Kyoto」の取材。
/https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/corekyoto/

このアート空間は
ビンとしての役割を終え、新たにアート作品に生まれ変わったガラスが
「循環する命とつながっていく宇宙」を表現していることをお話しした。


久しぶりに、法然院 梶田貫主と、いろいろとお話させていただく機会を持つことができた。




未来に繋がるアートの芽を
この場に撒くことができて大変嬉しいのと同時に、
今になって、責任を感じている。