2019年9月1日日曜日

2019 北極へ向かう旅 7 最終章


北極圏とアイスランドで地球の生命活動を目の当たりにし、
惑星規模の時間とスケールの中で、宇宙の片隅に一瞬だけ生きる小さな自分を実感した。



その後、オーストリアで人間が作り上げた文化に浸る。
ハプスブルク家の興隆で、ウィーンを中心に栄えた音楽も建築も絵画も彫刻も、全ての表現は人々が精一杯に生きた証。
「その時代に、その場所に居たら どんな表現をしただろう?」と考えながら先達の技や想いに触れた。





「今生きている我々は、同じ人間として未来に何を残せるのか?」

138億年の宇宙の中で

何百万年も変わらないモノ 
 
千年単位で消えていったモノ

数十年で変っていくモノ

アッという間に無くなるモノ

どんなに飾りたてても「 本来無一物」

だからこそ「この一瞬を生きる」を体感させてもらった旅だった。


自分ゴトとして、さぁコレからです !!!







0 件のコメント:

コメントを投稿