2013年7月26日金曜日

サンクトペテルブルグにて


晴れの日は1年にわずか60日、冬は日照時間が5時間というサンクトペテルブルグでは、太陽の光を求め、建物の塗装は、黄色やピンクが多い。



エカテリーナ宮殿
金は太陽の象徴。


血の上の教会
異なる文化の中で、美の基準を考えて直してみる。




ルーブルに次ぎ、世界第2の入館者数を誇るエルミタージュ美術館。
芸術家の思いに共感し、世界中から集められた作品たち。
芸術家と収集家の熱い思いがここに集結。

光、輝き、明るさをもたらすガラス。
あらためてガラス芸術の役割を認識。

0 件のコメント:

コメントを投稿