2020年3月25日水曜日

NHKワールド CORE KYOTO  取材第1日  京都法然院

3月24日
京都法然院 参道はまだ肌寒い。
とはいえ、鹿に食べられて秋に植え替えた紅葉が、たくさんの元気な新芽を出してきた。

猪が、石を蹴散らし苔を剥がしてその下にいるミミズ食べる。
檀信徒さんは剥がされた苔を戻し、毎日落ち葉を掃除し、雑草を取ってくださる。

設置から10ヶ月、
アート空間「つながる」は、皆様のおかげでこの場に在る。

千何百年と続く京都の文化遺産は、このように人々の愛情が繋がって残されているのだと実感。

今日は、NHKワールド「Core Kyoto」の取材。
/https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/corekyoto/

このアート空間は
ビンとしての役割を終え、新たにアート作品に生まれ変わったガラスが
「循環する命とつながっていく宇宙」を表現していることをお話しした。


久しぶりに、法然院 梶田貫主と、いろいろとお話させていただく機会を持つことができた。




未来に繋がるアートの芽を
この場に撒くことができて大変嬉しいのと同時に、
今になって、責任を感じている。




0 件のコメント:

コメントを投稿