2011年4月3日日曜日

食のアーティストの皆様へ


料理研究家 伊藤華づ枝先生の上級者向け料理講座で、
「食・器・アート—思いを伝える 共有する」をテーマに、レクチャーをさせていただきました。

伊藤華づ枝先生は、名古屋の中日文化センターの料理教室で、初級からプロまでを対象とした様々な食や料理の講座をお持ちです。
食育に力を注がれ、日本全国で食育伝道師の育成や講演活動も行われています。

(株)ハンナプロジェクト  http://www.intertiara.com/ 

今回の会場となった、名古屋の中日文化センターの料理教室は、生徒数 3,000人を誇る日本最大の料理教室です。
午前中の教室で作られた「特製大海老天丼」をご馳走になってから、レクチャーを始めさせていただきました。

ご自身で料理教室を開かれている方も多い受講生の方々は、「食育伝道師」をめざし、食の大切さを学ばれています。

今回はアーティストの立場から、「食」と「アート」の共通点『 思いを伝える 』というテーマで、
同じ表現者の方々のエピソード等も織り交ぜてお話をさせていただきました。
「食」、「アート」を通して伝える熱い思いを共有していただけましたら幸せです。

このレクチャーは、私自身の役割、アートの役割をきちんと見つめ直す大切な機会となりました。

レクチャー終了後にいただいた、抹茶シフォンケーキ、ドライフルーツケーキ、苺のアイスクリームは、素材の持ち味がきわ立ち、ほっこりする美味しさでした。

伊藤華づ枝先生、受講生の皆様、スタッフの皆様、温かいご声援ありがとうございました。♡

0 件のコメント:

コメントを投稿