2011年2月26日土曜日

その名は「ロマネスコ」

今日は久しぶりに地元野菜の専門店に行き、沢山の野菜を買い込みました。
菜の花、ほうれん草、小松菜、葱、ブロッコリ、白菜、キャベツ、カリフラワー、蕪などなど。



そしてこの見事な造形美の「ロマネスコ」、数年前にパリのマルシェで見てから惚れてました。
この形ワクワクしますよね。自然が作るり出す造形には、人間は到底かないません。

実は、2年前に野菜づくりを少しやってた頃、このロマネスコの苗も植えたのですが。。。
地元の専門家たちの作る新鮮な野菜がすぐに手に入るので、
農業はプロにお任せすることにしました(というより挫折!?)。

ブロッコリやカリフラワーは、ほとんど生に近いくらいにサッと茹でて塩をつけて食べるのが好きです。

この造形美にグッときた感覚、
私の作品を見てくださったお客様が感じていただけると嬉しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿