2018年11月10日土曜日

旅の終わり そして 始まる

カリフォルニアから船に乗り、
メキシコ、グアテマラ、パナマ、エクアドル、ペルー、チリ、アルゼンチン、
ウルグアイ、ブラジルまで40日間の旅。



古代文明、大自然、貧困とカオス、戦争、民族、文化、生きるエネルギー。
一気に沢山を体感することができた。

波に浮かんで世界を感じ、自分を見つめ直し
これからの自身の役割が見えてきたような気がする。

すっかり、あっさり、今までの自分を叩き壊してしまいまった。

まだまだ、新たに生まれ変わるために。

「おじいちゃん、さっきご飯食べたでしょ」 と言われそうですが、、、、

西中千人のこれからの活動を楽しみにしてください。






2018年11月6日火曜日

リオデジャネイロ

最終帰港地 リオデジャネイロ。

サンバ カーニバルで名高いこの街は、情熱に満ちた人々で成り立っている。

その中でも、とくにエネルギーが密集する Rocinha Favelaと呼ばれるエリア。
貧民窟、犯罪の源とか呼ばれている。



防弾チョッキとライフルで武装した警察官達が100m間隔で並ぶ街の入口は、噂どおりヤバイ感に包まれる。

「外国人がウロウロしてたら、マジでヤバイいよ」と、地元の人も言うが…。

JuniorとPaolo に、バイクで急坂の街中を案内してもらった。




普段は住民を相手にバイクタクシーをしている2人は、日本から来たヘンな奴を面白がって走り回ってくれた。

「俺たちに任せれば安全だよ」と、バイクの運転のコトばかり言うが、街の治安は気にしていない。
「住民はフレンドリーだし、ココのシステムがあるから」
2人とも街を出ようとは思っていないようだ。




板金屋、土産物屋、レストラン、スーパー等何でもある。
バーは、イベントで人だかりができている。




住みたいかどうかは別にして、
Rocinha Favela では、人間が全身の底ヂカラで生きているのを感じた。



暑くてやってられないから💦サンバ🥁🎶

2018年11月4日日曜日

巨大な氷山が‼️


大自然からの一撃をくらった!

南大西洋を北上中に遭遇した巨大な氷山。
水上部の高さは130m = 氷山の一角(全体の1/10)。




南極から流れてきたのだろう⁉︎
朝の陽に照らされ青白く輝く姿は神々しく、別の世界から来た造形物だった。





2018年10月30日火曜日

フォークランド島


Falkland Islands.   
フォークランド諸島は、こんな僻地。


地の果てにあるのんびりした島をめぐり、1982年にイギリスとアルゼンチンが争い400人以上が犠牲になった。



三万発の地雷が埋められ、その3割以上が除去されずに未だ残る。

100万匹が生息するペンギンは
体重が軽いので、地雷を踏んでも爆発しない。
人間の欲望や戦争とは関係なく、彼らにとってフォークランド諸島は、パラダイスだ。


当時の首相「鉄の女」サッチャーさんの胸像は、ブロンズ製でした。




新大陸を求め

500年ほど前、マゼランはこの海域にかなり苦しんだようだ。







Amalia Glacier 



悠久の時間をかけて作られる氷河の、この青い色に心を持っていかれる。








アメリカ大陸最南端
地の果て感満載の Cape Hornを後に、船は北上する…







チリ Punta Arenas

チリ 南端 Punta Arenas から
マゼランペンギンの生息する島へ。







天敵がいないって素晴らしい!






2018年10月27日土曜日

アルゼンチン Ushuaia

End of the world 
アメリカ大陸南端。
パタゴニアの端っこ。
季節は雪のある冬と雪のない夏のみ。
夏の最高気温は10℃。

雪解けしたピートモスの大地は、スポンジの上を歩いている感覚で気持ちイイ。


犬ぞり用のハスキー達。
とっても人懐こい仔犬。




空の色が抜けるような爽快感‼️
太陽の光が青色LEDっぽく感じられるのは、オゾン層が薄いから⁉︎