2018年8月5日日曜日

盛りだくさんの和歌山〜京都(後編)

重森三玲庭園美術館で
http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/association-jp.html

館長の重森三明さんから三玲先生の様々なお話をうかがった。


庭園には徳島の青石が使われ、植栽は当時の2倍に増やされているようだ。

晩年に作られた庭で、極端に背の高い石は使われていないが、
三玲先生らしい、頑固で生命のエネルギーが溢れる石組だ。 



三明さんが自ら庭木の手入れをしてるそうだ。
苔の水やりは1日3回、三玲先生も喜ばれているに違いない。



ご自身でデザインされた照明。
別の部屋には、イサムノグチ氏デザインの照明が使われていた。


茶筅以外の道具をすべてガラスで用意された「ガラス茶事」についてもくわしくお話しくださった。

ガラス茶事についての記事があるとお聞きし読んでみた。(頑固そうでイイ)

継承と革新に対する考えがよく理解できた。



京都での最後の目的地。

尊敬するアーティストのアトリエを訪問。
色使いの美しい作品の生まれる場所は、
氏の創作の源が詰まった濃密な空間。
また今回もエネルギーをたくさんいただいた。


次へと続く創作のタネを抱えて帰路につく。



2018年8月4日土曜日

盛りだくさんの和歌山〜京都(前編)

久しぶりの帰省


静かな静かな 国宝 長保寺へ
兄と

高い空が心に沁み入る

小さい頃から当たり前のように見慣れている青石(緑泥片岩)は、
実はこの地帯の特産だと最近知った。
石組みが美しい。


和歌山を後に
正木美術館へ



館長と事務局長が温かく迎えてくださった。

創設者 正木孝之氏が自ら設計された茶室。
沓脱石に突き刺した六角の柱がオシャレ。

細部まで想いが行き届いた、ヒトが表れる素晴らしい建物。




京都へ。


京都タカシマヤさんで茶道具を展示していただいている。(8月31日まで)
この道具たちを、どんな方がお使いくださるのだろう。

夜は、仏師の友人と創作への想いを語らう。
温かな人柄の奥に潜む彼の情熱溢れる表現は、私の脳みそを気持ちよく撹拌してくれた。


翌朝はロバート イエリン やきものギャラリーへ。

イエリンさんは、やきもの、アーティストに対する自身の基準をシッカリお持ちの方。
様々なアートフェアからの出展要請も断り、ご自身のライフスタイルを貫く生き方も好きだ。
40℃迫る京都で、日中3時間テニスを楽しむイエリンさんに脱帽。



そして。。。。
法然院へ。
心の拠り所としてのお寺のお役目、
社会奉仕、自然保護、アート支援などを続けてこられている。



管首の梶田真章さんと、来年開催の屋外展示についてご相談。


この山門の前 木漏れ日の美しい清らかな空間に
異なる宇宙を創ります。
乞うご期待!




後編に続く。。。

2018年7月20日金曜日

「 破天 - 西中千人展 」 広島 福屋 にて開催中

広島 福屋さんでの個展が始まりました。
なんと、13年ぶりの開催です。


呼継 「極光」

呼継 「岩戸」


呼継 「 天の緋 」

呼継 「 蒼春 」


赤樂茶碗 雪峯 で、「継ぐ」という行為を修理ではなく表現に高めた本阿弥光悦。
松林図屏風で長谷川等伯が「余白」に込めた本質。

ガラスのヒビの隙間に、不完全の美を込めて。
自ら作った器を叩き割り、溶かして継ぐ。

伝統を過去から解放し、自分自身を壊して新たに生み出す。
影で光を表すように、ヒビで命の輝きを表現したい。

そんな想いで制作した作品です。


西中千人展「破天」7月19日-25日 広島 福屋 美術画廊

私は22日まで会場にいます。



会場の挿花は、星薬科大学の先輩の 辻野 理恵さん にお願いしました。
主役の器を清楚な和花で引き立てる奥ゆかしい演出が魅力的です。



2018年7月1日日曜日

道東を駆け抜ける

知床から網走、屈斜路湖、トマム、富良野、札幌と、4日で800kmの走行。
欲張りました。


様々な滝や硫黄を吹き続ける山、青い池や赤い沼、野生動物との遭遇。
見渡す限りのラベンダー、そして北海道イチの激流でラフティングと、
刺激が盛りだくさんでクリエイティブな旅でした。



網走刑務所


一人になりたくて



フレペの滝を散策


生後一ヶ月、文字通りの鹿の子模様。




オシンコシンの滝



硫黄山

宇宙の意志か⁈
人智を超えた地球の造形。
大地から吹き出す硫化水素。
圧倒的な力を全身で受け入れる。





感動の美しさ! 神の子池 


三段滝


水の教会 by 安藤忠雄



2018年1月2日火曜日

あけましておめでとうございます



「自分壊し」に磨きをかけ、ひたすら突っ走り、
変化を楽しむ2018年にしたいと、元日から気合満々です。



先日、テレビ朝日 「Design code デザイン・コード」の取材を受けました。




ヒビ割れを魅力にしてしまう「ガラスの呼継(よびつぎ)」。



日本の美意識を礎にした、独自の表現に込める想いを 語り、熱々の制作現場も公開。



2018年2月に放送予定です。


2017年12月20日水曜日

NARUTO ART GATE ILLUMINATION 2017 『 ガラスの神殿 』現代版枯山水と幻想の世界


鳴門市市制施行70周年記念事業 
『NARUTO ART GATE ILLUMINATION 2017』のメイン作品として
ガラスの神殿を制作させていただきました。








12月16日から24日まで
徳島県鳴門市文化会館前の撫養川親水公園で
アートと光のイリュージョンが繰り広げられています。





『鳴門のうず潮の海底に、別の宇宙へつながるガラスの神殿が隠されていた』という神秘的なストーリーです。




太陽の光を浴びて輝くガラスの枯山水庭園が、
夜は光と音のイリュージョンに変身し、多くの来場者に楽しんでいただいています。

YOU TUBE  NARUTO Art Gate Illumination 2017


建築家 増田友也氏設計の文化会館のライトアップ、海峡トリックアート、海底プロジェクションマッピング、レーザー光線による夜空へのオーロラ投影など、異ジャンルのクリエイター達と共同で、
今までにない面白いイベントを創り上げました。

LEDを沢山吊るす従来のイルミネーションイベントとは一線を画す、新しい 時空間エンターテインメントです。

ガラスの神殿の設営は、
地元の土建屋さんの手を借りて、ユンボやラフター等の重機も入り、行われました。(作庭協力:木村博明氏)





ガラスアートの瞑想空間が、ジャンルを超えた表現とのコラボレーションによりさらに幅広く、多くの方の心に染み入るものになっていくことは、
とても嬉しく、やりがいを強く感じます。


今後も、光の力を味方にしたガラスモニュメントの屋外での展開に注力してまいります!

2017年12月14日木曜日

海底にそびえ立つ ガラスの神殿

鳴門市市制施行70周年記念事業
『NARUTO ART GATE ILLUMINATION 2017』
12月16日~24日

鳴門市文化会館から撫養川親水公園につながる広大な敷地で、
アートと光のイリュージョンが繰り広げられます。

うず潮の海底にそびえ立つ ガラスの神殿

只今、絶賛進行中。



ラフターやユンボが入り、大きなガラスや岩もラクラクです。
地元の土建屋さんたちも手際よく、楽しんで設置に参加してくださっています。




ライティングのテストもいい感です。





まもなく完成です。