2013年4月19日金曜日

ガラスで魅せる 数寄屋造りと日本庭園

名古屋の古川美術館 爲三郎記念館を訪れた。
www.furukawa-museum.or.jp


数寄屋造りの建物から、この庭園を眺めると、心が静かに落ち着く。
斜面を活かした水のせせらぎや、生き生きとした植栽は、作りすぎない美しさで、自然に溶け込めるような開放感がある。



この空間を自由に使ってくださいと、館長の古川爲之氏。

昨年個展のお話をいただいた時、ちょうど日本建築と庭園でのガラスの活かし方を考え、飛び石や手水鉢を制作していた。

ここに住み、客人をもてなした爲三郎氏の意志を感じて、展覧会の目的が定まった。

爲三郎氏が愛された空間、数寄屋建築と庭園の魅力を、
私のガラス作品を設置することで、来場される方々とより深く分かち合いたい。

数寄屋建築の内部には、ガラスの現代彫刻や器型オブジェを展示して、その室内空間が持つ意味を明らかにいていきたい。

心を癒すための庭園では、設置したガラス作品で視線を導き、来場者自身が自然の一部であることの心地よさを再認識できるようにしたい。

じっくりと練り上げて準備をするつもりだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿