2016年2月11日木曜日

<生まれ変わる旅> (3)オマーン〜スリランカ

古代からエジプトやヨーロッパで重要だった「乳香」の主産地 オマーン。

香辛料や象牙の貿易拠点として栄えたが、航海技術の進歩等で衰退し
数十年前までは貧しい砂漠の国だった。

1970年以降、現在のカーブース・ビン・サイード国王が近代化したという。
国、文化、経済を人が作り育てる。
人間の『創造力』が未来を作るんだ、と実感。

乳香市場の食堂
























バハラ城塞

砂漠のオアシス  サラーラ

----------------------------


オマーンからアラビア海を超えて南インドのゴアへ。


宣教師 フランシスコ ザビエルの墓がこの町のボムジェズ・バジリカに収容される。

この日はちょうど、ヒンドゥのお祭りで大賑わい。
どこへ行っても活気と熱気に溢れている。


1日に30Kgのカシューナッツの薄皮を手で剥くという熟練工の女性。



-------------------------------

インド南部の主要産業都市、コチ(コーチン)
探検家ヴァスコ・ダ・ガマが没した街。

クルーズ船のターミナル周辺では、
トゥクトゥクのドライバー達が、1日2ドルの客を取る為に、
つかみ合いの喧嘩を始める。


インダス文明から数千年、ポルトガルやイギリスの影響を残す大国は、
10億の民の希望を乗せてどこへ向かうのだろう。
次回、この地を訪れるのが楽しみだ。


ラッカティブ海を渡りスリランカへ。

その後、ベンガル湾、マラッカ海峡を超えてマレーシア、ペナン島のジョージタウンへ。






0 件のコメント:

コメントを投稿