2015年11月28日土曜日

< 生まれ変わる旅 >(1)ベニス〜ギリシャ



いつも居る、アートだけの環境から離れ、
自分自身の内と外、過去と未来、
そして、この世界をじっくり見つめるための旅に出た。
土を耕し、肥やしをやるように、脳ミソをマッサージしリセットする。
自身が作り出す固定観念を破壊して新しい創造に備えるために。

今回は、海路で巡る4週間の旅。
ベニスを出航し、クロアチア、ギリシャからスエズ運河を通り、
アラブのヨルダン、中近東のオマーン、
そしてインド、スリランカ、マレーシア、シンガポールまで。

基になる文明も、民族や宗教、また文化や芸術も異なる国々で
その場の空気を肌で感じる時間にしたい、という思いを携えて出航した。


--- 人工の島、ベニス ---

少しうらぶれた感じが漂う路地裏にホッと一息。
作られた観光地と、あまりの観光客の多さに風情を感じるコトもままならない。




--- 最初の寄港地 スプリット(クロアチア) ---

紀元前後からギリシャ、ローマ、ベネチアの支配下、そしてナポレオン、オーストリア、ユーゴスラビア、イタリアと複雑に変化し、
1991年に独立してクロアチアになった。

10月なのに真夏のような太陽に照らされる地中海気候。
人間は天候に大きく影響される生き物だ、と実感。



デイオクレティアヌス宮殿の一部は博物館になっているが、内部がレストランやショップとして使われている。
大切に使われている方が、アリガタイ遺物として扱われるよりもナチュラルに街に溶け込むように思うなぁ。






--- 斜面に立つ中世の建築が美しい世界遺産の街 ドゥブロブニク(クロアチア) ---



海から見た街並みは有名ですが、旧市街を歩くと、とってもアジのある素敵な街。
人々の生活が、延々と引き継がれている長い時間として感じらる。




--- 古い田舎の生活をそのまま残すコルフ島(ギリシャ) ---

ギリシャ、ローマの時代に栄えた静かな静かな田舎の村。
今は、農業と漁業とほんの少しの観光で成り立っている。

海から山間の細い道を自転車で一気に馳け廻る。



庭にはレモン、葡萄、胡椒が、豊かに実っている。
歌いながら歩いているオジさん。
家の中から珍しそうに見ているお婆さん。
ノンビリ寝そべる犬。
数百年前から殆ど変わってないかと感じてしまう程、ゆったりした生活がある。
物質の豊かさとは異なる、これも、ひとつの幸せのカタチ。




そして、船は、スエズ運河へと向かう。







0 件のコメント:

コメントを投稿