2014年4月17日木曜日

ー いけばな小原流家元が西中千人の器にいける ー

4月14日、個展開催中の爲三郎記念館で、スペシャルイベントを開催させていただいた。
いけばな小原流家元 小原宏貴氏が、私の作品3点に花をいけ、対談をするというものだ。


ヒビに美を見出した『金継』。
誰かが初めたこの技法が、数百年を経た今、皆が知る伝統となっている。


枯れた向日葵で夏の太陽や空、そして生命を表現する小原氏の作品。

「日本の美意識」、「不完全の美」というキーワードで対談は盛り上がり、お客様にもご満足いただけたようだ。

「西中千人のイメージ」で「夢で見た花」にいけていただいた作品が、太郎庵のインスターレションに加わった。 

----------------------------------------------------------------------------------
 古川美術館 分館 爲三郎記念館 特別展
 西中千人ガラス展 〜 伝統を呼び未来を継ぐ 〜
 2014年3月15日(土)〜5月11日(日)
-----------------------------------------------------------------------------------





0 件のコメント:

コメントを投稿