2014年3月15日土曜日

別世界へと誘う光の道しるべ

ガラスの飛び石。
古川美術館 爲三郎記念館で開催の西中千人展。


昨日の内覧会では沢山のお客様から驚きの声をいただいた。
「このキラキラ輝くガラスの上を歩いてもいいの?」
「空間に溶け込んで、初めからココにあったみたい!」
「二ヶ月で取り外しでしまうのはもったいない!」

石が当たり前だった飛び石を
ガラスに置き換えることは、今までの常識を破ること。
否定的なご意見が飛び交うと思っていたら、、、、

伝統の和の美意識を礎にした新しいガラスアートの表現は、
どなたの心にも、すーっと馴染むようでした。

----------------------------------------------
古川美術館 分館 爲三郎記念館 特別展
西中千人ガラス展 〜 伝統を呼び未来を継ぐ 〜
2014年3月15日(土)〜5月11日(日)
----------------------------------------------

http://www.nishinaka.com/Exhibition_at_furukawa.html





0 件のコメント:

コメントを投稿