2013年7月31日水曜日

タリンからコペンハーゲンへ

エストニアの首都タリンへ。


人々は純朴で、豊かな自然が優しい。


カヤックでバルト海に漕ぎ出し、海から街を眺めた。
水面ギリギリに浮かんでいると、波が地球の鼓動のように感じられ、自分が海の一部になったかのような錯覚を覚える。
沈没船が未だ残された静かな湾内から街を望むと、湾岸には、もと刑務所だった美術館が砦のように立ちはだかる
ソヴィエト連邦から独立して20年余り、内戦を経て成長に向う若い国は、これからどのように進んで行くのだろう。
ITと観光を柱にしていくという話を聞き、新しい国づくりの息吹を感じた。



次の寄港地コペンハーゲンへ。



歴史のある美しい街は、建造物のリニューアル工事があちこちで行われ、古き良きものを大切にし、次の時代に繫いでいく、人々の思いを感じた。



ヒトと環境に優しい街では、自転車専用道が整備され、子供を送り迎えする育メンも自転車で。


近未来的乗り物 セグウェイで、街を散策。
自転車道を走れるので、風を感じながら古い街並みをスイスイ進む。




市場に寄って、デンマーク名物 鰯のオープンサンドでひと休み。


馴染みの薄い北欧から東欧の地に立ち、そこで発展しててきた文化や現代に身を浸し、あらためて日本の文化を考える。
いまの時代に生きる自分は、何を作り、何を残せるのか。





0 件のコメント:

コメントを投稿