2012年10月8日月曜日

たちばなさんの例祭

お祭りがありました。
地元では「たちばなさん」と呼ばれ、人々に親しまれている橘樹(たちばな)神社。


日本武尊 ( ヤマトタケルノミコト )が東征のおり、海神の怒りを鎮めるため、
荒れ狂う海に身を投じた妃の弟橘媛(オトタチバナヒメ)を哀れみ、
橘の木を媛の墓標としたのが橘樹神社の由来となっています。

1000年以上も前の故事に由来する神様を尊び、神輿を担いで地域を巡行します。  
継承される伝統。古からの良き日本を、次の時代に伝え残す。

大切にしたいですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿