2012年7月4日水曜日

スタート! 西中千人ガラス工芸展@仙台三越


「今までに見たことのないガラスアート作品」と、
強い関心を持ってくださる「ガラスの呼継」。
ここ仙台では、とても多くの方が、
割れたガラスの儚さ、力強さに共鳴してくださっています。
表現者として、凄くうれしいですね!


















幻の花「ラフレシア」を生命の象徴として捉えた
「夢で見た花」シリーズも大好評です。



お客様と気持ちが通じ合えた、感激の初日でした。

西中千人ガラス工芸展
仙台三越本館7階アートギャラリーで。
7月10日まで。



0 件のコメント:

コメントを投稿