2011年12月30日金曜日

田中泯さんと餅つき

世界的に活躍するダンサー田中泯さん。
近年では、映画「たそがれ清兵衛」で数々の映画賞を受賞、大河ドラマ「龍馬伝」では高視聴率獲得と、俳優としても注目を集めています。
ライフスタイルも独自のスタイルを貫いていて、山梨県桃花村で農業生活をしていらっしゃいます。

10年程前、工房を千葉に移した頃、始めてお会いした時にいただいたアドバイスが、
『土を耕しなさい。土の中には全ての色と形、生と死があるから』でした。

それから工房の周りに花木を植え始めました。
植物と生活を共にしていると、たった一枚の葉が、何万種類もの色を見せてくれることに気づきます。
春先の朝日に透ける新芽の透明な緑、夏の陽をシッカリ受けとめる深く濃い緑、
秋には黄色から赤や茶色へと、一日毎に緩やかに変わっていきます。
そんな葉も冬になると落ちて土に還っていく。

コレが泯さんの教えてくれた「耕しなさい」の意味なのか、と気がつくまでに何年が経っていました。

その後も、お会いするたびに、飄々と哲学的な話を聞かせてくださいます。

今年最後の舞台は、ピアノの高橋悠治氏との共演で挑戦的な内容の舞台でした。
「流れ続ける思考のなかで、何処に向かっているのか分からなくなった」と、
舞台直後にご本人も話していらっしゃいました。

60代半ばになられた泯さん。
30代のアスリートのような筋肉を維持されているのも、たゆまない努力の積み重ねですね。

ますます深く、且つ自然に、田中泯の世界観をダンスを通して広めていってください。

舞台の後は、恒例の年越し餅つき大会でした。
ごちそうさまでした!




0 件のコメント:

コメントを投稿